ABCリブラ

ABCリブラは、朝日放送の番組制作を手がける在阪の制作プロダクションです。

制作番組紹介

採用情報

先輩社員に聞きました! No.1

吉田拓広

吉田拓広

2019年4月入社

Q1.ABCリブラに入社して感じたことを教えて下さい。
仕事が好き、仕事を心から楽しんでいる人が多いと思いました。
飲み会の席でも、自分のやりたい企画や、番組の改善点について何時間も語る人がいたりします。もちろん人によりますが、そんな方々と一緒に働いてる時間はとても楽しいです。
Q2.ABCリブラに入社して感動したことは?嬉しかったことは?
自分にはない発想を持つ人や、単純に面白い感性や個性を持つ人に出会えた事です。
「こんなに面白い人がいるのか…」と入社してすぐ衝撃を受けました。その中でも一番尊敬している先輩に、自分が編集した映像を「面白い」と褒めてもらった時は、もう言葉に出来ないくらい嬉しかったです。
Q3.なぜ制作プロダクションを志望したんですか?
自分の持つ感性は世間、社会にどれだけ通用するのか、この業界でどんな反応をされるのか知りたかったからです。
Q4.制作現場の仕事、外から見るのと実際にやってみるので違ったことは?
数分間のVTRを作るのに、何日もかかることもあります。
画面の中からじゃ伝わらない仕事がたくさんあります。テレビだからと言って派手な仕事ばかりではありません。地味な作業ももちろんあります。
その大変さはこの会社、業界に入らなかったら知り得なかった事です。
Q5.学生時代に力を入れていたことは何ですか。
お笑いやアイドルなど、とにかく好きなものにお金と時間をかけて様々な経験を積んでいました。
M-1グランプリの予選に出たり、アマチュアでも出場可能なライブにお金を払って出たりしてました。好きなアイドルを応援するサークルでは会長を務め、ライブの為に全国各地飛び回ることもありました。
変わった大学生活だと見られがちですが、そういった経験が他の人と違いを生み、目立った個性となり、社会に出たとき間違いなく生かされると思います。
失敗や恥をかくことを恐れずに、若いうちにどれだけ多種多様な経験をするかが、今後の人生を大きく左右すると思います。
Q6.TV制作をやってみたい学生にメッセージをお願いします。
TV制作は、テレビが大好きで、何かを1から作りたい人にとっては、とんでもなく楽しい仕事です。
僕も周りの人間に珍しがられるくらい仕事を楽しんでいると思います。
個性の強い人や、明確に実現させたいと思う企画を考えてる人にはぜひ入ってきて欲しいと思います!
プロンプ出し
プロンプ出し

ABCリブラ

制作部門
ライブラリー部門
ABCリブラについて
採用情報
制作番組紹介